ソフトバンクアカデミアとは?孫正義の後継者育成機関?

Sponsered Link


 

ソフトバンクアカデミア」と呼ばれる組織があるのをご存知ですか?

僕はここの第8期生です。現在は9期生までいます。
今も在籍中で、僕が所属させていただくなんて恐縮だと思っています。

「ソフトバンクアカデミアってなに?」
「どんなことやってるの?」
と聞かれることがたまにあるので、文字にしておきたいと思います。

 

ソフトバンクアカデミアとは?

ホームページには「ソフトバンクグループの後継者を育成する」と書かれています。
ソフトバンクアカデミアに関する、孫正義氏の動画も公開されています。

今や日本でもっとも富を持ち、ソフトバンクグループの創始者であり、Yahoo!Japan立ち上げ、アリババ取締役、そしてプロ野球球団も買収した日本を代表する実業家である孫正義氏。

最近ではソフトバンクビジョンファンドを設立し、10兆円規模の前代未聞のファンドを立ち上げて世界に衝撃を与えています。

そんな孫正義氏が、動画の序盤の方で「一言で言えば、孫正義の後継者を育成する」と言い切っています。

 

ソフトバンクアカデミアでは何をしているの?


ソフトバンクアカデミアの入校式の写真。引用元はこちら

実は守秘義務があって、詳しくはお答えできないのが心苦しいところ。
取り扱っている内容が、ソフトバンクグループの直近の経営課題とからしいんです。

コトの重大さがあまり良く分かっていない僕は、何をしているかに関しては、何も答えないようにしています。
なので、「何をしているの?」と聞かれても、大した回答はできません…

実際に孫校長からの話でも、今日は誰とミーティングをしたなどと外で話しちゃいけないだろうことを聞けたりします。
その度に僕は「自分の見てる世界は小さい。もっともっと挑まなきゃ!」とスイッチが入ります。

定期的に集まりがあり、課題に対して自分なりの答えを持ち寄って議論をしたり、経営に関するゲームをしたり、その他、勉強会などがあります。
また、それらの集まりの後にある交流会や有志の飲み会も非常に刺激溢れる良い時間です。

 

アカデミアにはどんな人がいるの?

孫正義氏の後継者育成機関ということですが、そこからポスト孫正義氏になるのは並大抵のことではないのは容易に想像できます。

実際にアカデミア生には、クラシルの堀江さんや、美塾の内田さんなど僕が前から知っていた方をはじめ、様々な領域で活躍する素敵な方々が集まっています。
ただ、本当にこのアカデミア生の中からポスト孫正義氏が選ばれるというわけではなく、外部からヘッドハンティングされた人がなる可能性も大いにあるわけです。

孫校長のアカデミアに対する関心は、年々、薄くなりつつあるとも言われており、アカデミア生によって質が維持されないと、アカデミアが解散する可能性もあるのではないかと思っています。

また、アカデミア生は20代、30代、40代、50代と各世代から満遍なく参加者がいる印象です。世代を超えた交流・切磋琢磨する場になっています。

ソフトバンクアカデミアに関してや、アカデミア生の紹介は神田敏晶氏の記事でも非常に分かりやすく説明をしてくれています。
神田さんには何度かアカデミア内でお会いしましたが、経験豊富な素敵なジャーナリストの方でした。

 

吉野はどうやって入ったの?


ソフトバンクアカデミアでは、定期的に孫校長の想いなどを直接、聞くことができる。引用元はこちら

毎年、年始に募集があり、そこからエントリーして選考が始まります。
エントリーはネットからでき、ソフトバンクグループに関わっていない方ももちろん可能です。

書類審査 → 一次面接 → 最終面接
という流れで例年、選考は行われてます。

師匠・ケイジさんにこのアカデミアを紹介していただき、興味を持ちました。
応募資格が20歳からなので、きっと僕が史上最年少だと思います。

他にも自称・史上最年少はいますが、僕が入ったのは19歳の時です。
僕は当時19歳でしたが入校式の際には20歳になっているということで特別に選考をしていただけました。

まぁ、そんなところで張り合っても何の意味もないのですが…苦笑

面接では…僕が今までやってきたこと、僕の志、ソフトバンクグループに貢献できることなどをプレゼンさせてただき、質問に普通に答えているだけでした。
特に圧迫面接などということはなく、専門知識が必要でもありませんでした。むしろ、あっさり終わってしまった印象です。

もちろん、特別なマジックやコネは使っておりません。
(アカデミア生は推薦で人を紹介することができます。書類審査は免除で、一次審査からになるようです。)

 

アカデミアに入りたい!という方へ

ソフトバンクグループの2018年3月期の決算説明会の動画

ぜひ、ソフトバンクアカデミアへ挑戦してみてください!
(僕が言うのも何ですが…)

こちらのホームページから前年度の審査のことや、公開講義の動画も見れますよ!
ソフトバンク社のページより、2010年の開校時の記事も見つけました。

毎年、ソフトバンクアカデミアの下位10%は入れ替わりとなります。
生徒数は300名なので、毎年30名が新規性として入校できるということです。
成績はポイント制で管理されており、期末には順位も発表されます。

つまり、僕も来年もここに生き残っているかは分かりません。
下位10%にならないよう頑張っていきたいと思います。

また目指すなら、ぜひトップ入学を狙うことをオススメします。
入校式の際に孫校長の前で、新入生代表でスピーチをするチャンスがあるかもしれません。