手汗を止める手術をしました(in名東病院)

Sponsered Link


僕は極度の「多汗症」で、全身、汗は多い方ですが、とりわけ手汗と脇汗に悩んでいました。
特に日常、いろいろなものに触れる手からの発汗は、ストレスだったし、手汗を止めて1週間経ちますが、快適だなと感じることが多いです。

7月後半に12日で、全身麻酔にて、右手の手汗を止めてきました。今まで手汗でご迷惑をおかけ(もしくは共に笑ってきた方へ)のご報告と共に、手汗に悩む誰かの役に立てばと思い、ブログに記します。

こんなことに悩んでいました

まず、手汗の発汗量が通常の方にも理解をしやすいように僕の場合をお伝えします。僕と握手等をしたことがある人はわかると思いますが、常に湿っており、握手するのが億劫でした。
特に僕は海外の方と関わる機会も多く、その場合は特に握手等が多いため、毎回、勝手に罪悪感を抱いていたり、時には不快感を示されることもありました。

テストの時には緊張で字が滲み、その際は消しゴムで消せなくなるので、ハンカチを敷いたり、消しゴムを使わなくても良いよう一発書きを意識して挑んでいました。
中学校のマイムマイム的なやつとか、イベントのアイスブレイクや自己啓発系のセミナーで誰かと手を繋ぐのも苦痛で、とりわけ好きな人や女子からは離れたポジションをキープしていました。

書き出したら色々ありますが、そんな感じです。
今思えば、色々気を使ってたなーと思いますが、それが普通でした。

手汗が止まって1ヶ月

握手をするときの罪悪感から解き放たれ、かなり楽になりました。

この夏MyAOというAO入試対策塾にてSFC出願の直前期ということもあり、生徒への指導をすることも多かったのですが、生徒のノートやプリントを汚すこともなく、あぁ、手汗がないとこういう心配しなくて良いんだなぁと思いました。

あとは人からペンなどを借りやすくなりました。
以前だと人から借りたペンに水滴がついた状態で返すことになるので、いつも人から借りると服やハンカチで拭いてから返してました。

あと、スマホの指紋認証ができる確率が高まりました。

本当に予想以上の場面で、手汗がないことによる恩恵を享受しております。手汗に悩んでいない方はこのブログを読んで、ちょっと意識して、幸せを感じてみてほしいなと思いました。

AO入試対策塾「MyAO」の開塾の想いや理由とは?

2018.07.29

左手はこれからも手汗のまま

両手を止めるか、片手を止めるか悩みましたが、僕は右手のみにしました。
なので、今も左手のみ手汗が出ています。

それは代替性発汗を防ぐためのもので、汗を止めると、別の部位からの発汗量が増えるというデータが出ており、両手を止めて別の部位で悩まされるのも嫌なので、僕は利き手である右手のみにしました。

整体師など人の体に触れる仕事や、精密機械に触れる方などは両手を止めることが多く、サラリーマンなどは片方が多いと先生も言っていました。

手術の方法と具体的な流れ


入院中はずっと本を読んでました。

僕の場合は東名病院に手術前日の16:00から入院し、21時から絶食、当時の朝600から水分禁止で、入院翌日の1100ごろから手術。手術終了からおそらく3時間後に退院でした。

手術は全身麻酔で、右の肺をしぼませて、脊髄?(正しい表現は違うかも)の発汗にまつわる神経を切断するものです。特別な器具を使うので、脇の下に小さな切り傷ができる程度で、即日退院で問題ありませんでした。
傷口には透明のシールを1週間ほど貼るのみです。

先生からも良くあることと事前に説明され、痛み止め等を処方してもらいましたが術後は肺や傷口が痛んだりしました。
でも、様々な活動に基本的に支障はなかったです。

僕は麻酔がよく効いていたみたいで、手術直後のことはあまり覚えてません。

費用と手汗に悩む方へ


塩化アルミニウムの水溶液

今回は入院費用込みで、13万円程度でした。
病院にて発汗が通常より多く日常生活に支障があると診断されれば、保険適用され、この値段になります。

僕は様々な病院を調べ、有名かつ地元ということもあり愛知県の東名病院を選びました。
病院によって治療方法は異なり、色々と調べてみることをお勧めします。

また、手術を検討する前に、まず皮膚科にて「塩化アルミニウムの水溶液」を処方してもらえば、それを毎晩塗ることで安価に手汗の量を抑制できます。高校生の時は使用していましたが、僕は移動が多く、海外での活動も増えていく中で世界一周以降は持ち歩き・使用を断念していました。

術後1ヶ月を得て

手術直後は分からなかった代償性発汗は、主にお腹と背中からの発汗量が増えたなというところから自分でも分かったりします。
ただ、手汗のように日常生活に支障があるわけではなく、運動などをする際はもともと発汗量が多かったので困ることはないです。

あとは右手の汗が出ないということで心理的に安心なのか、左手の手汗の発汗量が気になることも減りました。

まとめ

気になる方は、まずは最寄りの皮膚科で相談して、近くの専門医のいる大学病院に行くのがとにかく良いです。
塩化アルミニウムを塗るだけならお金も大きくはかかりませんし。

めっちゃ困っている人は、SNSのDMなどで相談してください。(全てに返信する保証はないですが…)
もしくは講演会などに来てくれたら、相談乗れると思います。

また、Beforeの僕をご存知の方は、ぜひAfterの僕の手を触ってください。
左手と右手を同時に触っていただけたら、手術の効果が分かります笑