会社を作ると決めた人に勧めたい各種サービス一覧

Sponsered Link


一般社団法人と株式会社を設立した経験から記事を書きます。
小規模で事業を立ち上げるという方に向けて、初期の段階に重点を置いています。まずは読んでもらう中で、イメージをしてもらえたらと思います。

まず、法人格をどうするか?

株式会社
合同会社
一般社団法人

などがありますが、その法人格を選ぶところから始めた方がいいかもしれません。株式会社にとらわれがちですが、意外と合同会社も多くて、「Apple japan合同会社」「Amazon Japan合同会社」など大手でも使っている法人格です。

営利を追求しない場合、行政などと連携がしやすいイメージのある「一般社団法人」も選択肢の1つです。
小規模なら個人事業主でも良いため、そもそも法人にする必要はあるのか?も考えても良いかもしれません。
また、登記する場所と代表者を決めておきましょう。

法人を作るには?

「定款」を作成して、公証役場で承認してもらい、法務局に提出することになります。
最初の「定款」が最初の難関です。

僕は株式会社の定款は会社設立Freeeで作りました。
定款を無料(司法書士へ委託する部分は有料で5000円)にて作成することができます。定款提出後のの提出先も役場、県税事務所、税務署などがありますが、それもこの会社設立Freee上で案内してくれます。

また定款認証代や登録免許税などで別途、費用がかかってくるので覚えておきましょう。(株式会社ならこれらの費用が20万円ほどかかります)

こちらから無料登録↓↓

個人営業主の場合もこちらが使用可能です↓

印鑑を作ろう!

法人用の印鑑の作成が必要です。定款認証から必要です。その後も、銀行口座の開設や各役場への提出書類等々の様々な場面で必要となります。
実店舗で作るよりも、ネットで作る方がお値打ちかと思います。割とすぐに届きます。(申込時に確認してください)

会計処理はどうしていこうか?

税理士さんにお願いするというのもあると思いますが、決算だけ手伝ってもらう場合や、毎月の処理もお願いするものなどお願いの仕方も色々あります。規模が小さいうちは自分で毎月の入出金は記録しておくという形でも良いかも!

日頃の入出金を記録するには会計Freeeがおすすめ。僕も使ってます!
有名銀行であれば、法人口座やクレジットカードと連携させることも可能です。無料でお試しできるのと、最初は操作が慣れないと思いますが、不明点は電話やチャットで教えてもらうことができます。

一度、操作してみるのが良いと思います。
アカウント作成はこちらから↓

僕はFreeeの方が安いので良いかなと思っていますが、他にもマネーフォワードなどもあります。こちらも無料で会員登録できるそうです。

税理士を探す場合にもこういったサービスの利用も良いかもしれません。
ここでは2つのサービスを紹介します。

給与計算や年末調整は?

こちらもFreeeのシリーズで「人事労務Freee」で一発解決です。無料でお試しができ、電話等での使い方の説明も受けれます。

アカウント作成はこちらから↓↓

銀行口座の開設

法人口座の開設は楽天銀行がおすすめ。全て郵送で口座開設できます。ネットバンキングも便利で利用料はかかりません(三菱UFJでも作りましたが、そちらはネットバンキングで各種機能を使用するために手数料が毎月1700円かかります。)

個人で楽天プレミアムカードを作成し、そこに紐づける形でビジネスカード(3500円)を発行するのが良いかと思います。楽天プレミアムカードは年会費1万円ですが、海外旅行保険の自動付帯とプレミアムカードの特典付きなどでお得です。笑

法人口座を作る前に、まずは楽天プレミアムカードを作っておいても良いかもしれません。こちらから作成できます↓↓

印刷物はどうする?

一般的には名刺の作成がまず必要になるでしょう。オリジナルのパンフレット、封筒の作成も随時、必要になるかもしれません。

その際にはラクスルでのネット印刷が安くて、便利かと思います。名刺100枚を500円程度できますし、各種作成時にはテンプレートもダウンロードできます。また、サンプルも無料で取り寄せれます。必要に応じて、Tシャツやクリアファイル、ボールペン等のノベルティグッズの作成などでも利用できると思います。

ラクスルの登録はこちらから↓↓

ドメイン取得・メールアドレスの作り方

自分の会社専用のドメインを取得しましょう。そのドメインを利用して、自分の会社のホームページを作るのみならず、メールアドレスとしても利用できます。僕はお名前.comが分かりやすいので良いかなと思います。

ドメインは早い者勝ちなので、自分の社名やサービズ名で早く取得しておくことがおすすめです。迷ったら「.com」が良いと思いますが、「.tokyo」や「.online」などもあるのでこだわりに合わせても良いかと!


サーバーの契約もしましょう。最初はコスパの良いところで作成し、アクセス数の増加に伴ってより良いサーバーサービスに変えていくので良いかと思います。大手でコスパが良いのは、ロリポップかなと思います。

詳しくはこちらから↓↓


僕も個人と法人2つ分をそれぞれ運用していますが、お名前.comでドメインを取得し、ロリポップのサーバーを使うのがおすすめです。

ECサイト等であればホームページが肝だと思いますが、そんなに手をかけない場合は、このロリポップのサーバーにwordpressをダウンロードして軽く作っちゃうのが良いと思います。ロリポップの操作画面上でwordpressのダウンロードは可能です。

もし外注をする場合には、ホームページ作成の代行サービスをしている会社もあります。(僕はいつも自分や身の回りの人と一緒に作っているので、こういったサービスで外注をしたことはないです)

説明会や面接会場を探す

業種によりますが、基本的には自宅で仕事をしたり、オンラインのみで完結するようなサービスの起業も多いのかなと思います。在宅勤務も増えて、オフィスを持ったとしてもシェアオフィスなど簡易的な場合も増加すると思います。

その際に対外的な説明会等々を行う際は、こういった貸し会議室を探すサービスを利用すれば良いので問題なしです。

詳しくはこちらから↓↓

僕も頑張ります!そして応援してます!

とっても基礎的な各サービスの紹介でしたが、もっと欲しい情報などあれば追加していくので教えてください。
事務やバックオフィスへの労力を最小限(大事なので真摯に向き合う必要はあります)にし、事業やサービスにコミットしていきましょ!