MyAO2年目を終えての手応えと喜び

Sponsered Link


開塾当初の想いはこちらから
AO入試専門塾「MyAO」の開塾の想いや理由とは?

初年度に関してはこちらから
AO入試専門塾を1年間運営しての合格実績と今後の展望

MyAOは2年目となる今年度は25名の生徒がおり、うち20名が第一志望群に合格しました。
しかしながら、AO推薦入試では結果が出ず、今も一般入試に取り組んでいる子もいます。

塾生の今後が定まり切った訳ではありませんが、来季に向けての広報が本格化するため、このタイミングで報告させてください。

2年目の挑戦を振り返り

ALLカリキュラム

1年目と違い、2年目は「ALLカリキュラム」という推奨パッケージを作りました。月に2回のオンライン授業(ネット)と、2回のオフライン授業(対面)の組み合わせで生徒・講師の双方に負担が大きくならない設計が特徴です。

結果、指導としてオンラインとオフラインの組み合わせは非常に良かったです。オンラインの指導は不安もありましたが、全然問題はなかったです。

ただし、zoom等のサービスは生徒が慣れるのに時間がかかることや、遅刻・欠席率が高まるのでその調整に労力がかかる予期せぬ側面も。今回を経験して分かったのは、ネットを使うとはいえ、そもそもオンタイムである必要がない可能性です。
このことから、オンラインの授業の形式は来年度は変更しようと思っています。

懸念点だった受験校数や難易度での調整は、春季・夏期講習や直前期講習で対応できることも分かりました。

関西と地元・名古屋の大学

今年は生徒の幅が広がり、関関同立や地元大の進学希望者もいました。
結果、関関同立の全てに合格者を輩出でき、愛知の複数の私大への合格者も無事に出ました。

これで、MyAOとしてもより自信が強まり、各大学の特色・傾向に対する理解が深まりました。
今後、様々な大学でより広く浸透していくと思われるからこそ、地域に根ざした大学や様々な分野の大学への理解をMyAOとしても蓄積していきます。

3年目の挑戦は?

高2以下プログラム

高校2年生から、AO推薦入試だけをゴールにするというコースではありません。
高校1年生や2年生のうちからもっと実社会に触れ、そこでの自分の興味分野を探り、また違和感を言語化する時間があっても良いなと思っています。

具体的には、ゲストの方をお呼びしたり、社会見学をしたり、ディスカッションをしたり、小論文やプレゼンテーションの授業(僕じゃない人が講師です)などでアウトプットの術を学んだりできる場を作ります!

その結果、AO推薦入試やそれに準ずる入試を受ける際のハードルが下がり、一般入試を受けるとしても大学入学後の学びに良い影響があると思っています。

生徒数の拡大

MyAOとしてAO推薦入試をサポートすることへの自信が強まり、カリキュラムの運用もより効率化・洗練化されてきました。その結果、もっと多くの学生に寄り添えると思っています。

口コミとSNSとホームページ流入が中心で、今まではネット広告等はしていませんでしたが、3年目からは広報にも力を入れていきます。
この動きに協力をしてくれる方も増え、法学部系に強い講師や英語系に強い講師も加わり、指導の幅も厚くなってきています。

新事業への取り組み

AO推薦入試の情報・ノウハウや指導環境の地方格差を埋めるべく、新しいプロジェクトを企画中です。こちらを固めて、今年中に動かします!

また改めて、お伝えします。乞うご期待!

講師としての喜び

時間をかけて対話をしながら、生徒の潜在的な「夢」「志」が見えてくるところはシンプルだけど、とても嬉しかったです。やはり合格は副次的なもので、「自分の人生をどう使いたいか?」が大事だと僕は思っているようです。

それが見えてきた後の会話では「こんな本を読んで、こんな学びがありました!」「~~さんにお話を伺えて、そしたら~~という発見があって」という話を聞けることも楽しかった。(そして、僕が勉強になった)

AO入試の対策は本末転倒だ」と言われがちですが、彼らの学びの質や姿勢を見れば、むしろ学びの姿勢を体現していて素敵な行為だと思うこともあります。少し刺激的になってしまいますが、一般入試の対策も、本来の学びのあり方からいえば意味をなしていない部分もあるかもしれないわけですし。

良い結果が出た時はもちろん嬉しいし、そうではない時は悲しいし。
そんな人生の大切なシーンに関わらせていただき、感謝です。

最後に

合格してからが本番だと思うので、自分のしたい「学び」の機会を大事にし、志を実現させて(人によっては若干違いますが)社会に羽ばたいてください!

僕も負けないです!

今、奮闘している子には本当に頑張って欲しい。力不足の自分を悔やむ部分もありますが、次のステージでその分を力添えさせてください。
また、みんなで集まりましょう!いつでもMyAOにおいで~!

MyAOはLINE@にて、お問い合わせ受付中です。