吉野裕斗を講演会・出張授業で呼びませんか?

Sponsered Link


私、吉野裕斗は学校・法人・任意団体にての講演や出張授業を行なっております。
今回はその活動をより広く知っていただこうと紹介記事を作成しました。

講演に対する思い

自分は学校などでの外部講師による講演会は嫌いでした。
年が大きく離れたおじさんが堅苦しく話していたようなあまり良くはない印象があります。

そのため、あまり外部講師の話を覚えていません。
今思えば非常に有意義になったかもしれない時間を、昼寝をして過ごしたこともありました。

一方で、高校の時ごろから、積極的に外部の講演会に足を運ぶようになりました。
様々な経験をしている人の話を聞くことの価値を覚え、また有名な講演家の方からもたくさんの学びを得ました。

それから世界一周や各事業の立ち上げなどを得て、まだまだ小さいながらにも自分の人生を通じても様々なことを学びました。
多くの大人や講演会から刺激や学びを受けた分、自分も次の世代などに還元していけたらと思っています。

また、活動をしていて思うのは、若い世代に対しても「若さ」が大きな武器であるということです。
おじさんの話より、正直、年齢の近い人の話に聞く耳を持つ傾向にあるようです。
そのため、僕は年老いてからではなく、今の若さがあるうちに発信していけたらと思っています。

講演内容

主に3つのジャンルに分けられるかと思います。
これらを組み合わせたりしながら、要望に応じてお話しします。

世界に関する学び

世界一周や中東・西アフリカ渡航、海外研修の運営を通じての世界の面白さや驚きを伝えます。
国際交流協会や、小学校向けの講演会などで依頼をいただくことが多いです。

国際協力に関する学び

スラム街でのホームステイ経験や、孤児院、学校、NGO、各国際機関の活動を訪問し、学んできました。
そこでの学びを体験を重視して、お伝えしていきます。
中学校、高校や塾などからの依頼が多いです。

自己啓発・生き方を考える

自分が活動してきた中での生き方に関する学び、意識の持ち方や学びの姿勢をお伝えします。
「夢」や「心」に関しての勉強を自分も深めてきましたので、最も伝えていきたい内容の1つです。
高校や大学の「生き方講座」「キャリア講演会」などからの依頼が多いです。

講演実績

私自身が若い分、内容に関する信用・信頼の部分が不安な方も多いかと思います。
それに関しては聴いていただくのが一番ですが、ご参考までに過去の講演実績でその不安を補えたらと思います。

1000人規模の学校講演会(90分)の経験もあります。
JICA関西さんをはじめとする知名度のある団体での実績もございますので、ご安心ください。

<学校講演>
稲沢市立稲沢西小学校 桑名市立陽和中学校 桑名市立正和中学校 横浜市立寺尾中学校 日進市立東中学校
滋賀県立守山北高等学校 愛知県立常滑高校 愛知県立千種高等学校 岐阜県立岐阜高校 和歌山県立田辺高等学校 豊田工業専門学校 私立滝学園開成高校 名南工業高校 同朋高校 大和大学 至学館大学 金沢大学 中部大学 淑徳大学 など

<非営利団体>
JICA大阪 刈谷市国際交流協会 日進市国際交流協会 名古屋市福祉協議会
NPOアクアチッタ NGO福岡ネットワーク NGOフェアトレード名古屋ネットワーク
公益財団法人あすて 一般社団法人みらい学びクリエイト 一般社団法人世界を変える日本人は君かもしれない

<民間企業・営利団体>
株式会社エステム 株式会社サンクチュアリ タスクール エスト個別教育 TABIPPO 進学情報雑誌スキッフル

<その他>
広島和僑会 胆道閉鎖症の会 老人会いきいきクラブ 保護者勉強会バンビーノ ユネスコクラブ・あっぷる 起業家養成講座NES Days Japanサポーターズクラブ DAF6 プライマリークラブ を始め学生団体を含め任意団体など

大小合わせ、約200回以上の講演経験あり

参加者の方の声

この話で私は保育士になれるかもと思いました。 私はこの話を聞く前までは「私はバカだから」「ピアノなん てどうせできないから」と諦めていました。 でもバカでも、ピアノができなくても、歌は歌えるし、子ど もが好きだからと思い、頑張ろうと思いました。 だから、この話を聞いたからこそ自信が持てました。この 言葉を大切にしたいです。
高校2年生(学校講演・国際協力系)
講演を聞いて,私の中では「無償の支援は麻薬」という 言葉が最も印象に残りました。僕は小学校の時に学校で文 房具を集めて送る活動に参加したことがありましたが,小 さなことでも国際協力に関わる時は相手のことを考えた細 心の注意を払うことが必要だし,これからは相手の国の人々 の自立を支援するソーシャルビジネスが大切だということ がわかりました。 また,吉野さんの今までの経験の話や,若者が海外に出る 意義についての話にはとても刺激を受けました。ディスカッ ションは少し難しかったですが,普段から国際問題につい て考えることの大切さを実感しました。
大学1年生(学校講演)
自分と同い年の吉野さんの講演を聞いて私が一番印象に残っ ている言葉は「動くから目標が見つかる」です。 将来の夢や今後の目標がわからない・曖昧にになっている ことは動かないからであって、何か挑戦して見ることで見 つかるのではないかと分かりました。 高校生で世界一周したいと言う目標を叶えるまでの間の話 であった「無理って言葉に根拠はない」や「チャンスは連 鎖する」などの言葉から、まず一歩を踏み出すことが大切 であると言うことが分かりました。 
主催者・PTA会長(学校講演)
世界を知ると日本がわかるということ。生活していてると、 不平不満がでできます。でも豊かな日本でのそんな悩みは、 世界をみると本当は、何でもないことだと思えました。
ステージから、床へ。椅子の上と、広く使っていただき、 説得される熱い思いを聞かせて頂きました。子供たちにとっ ても印象深い素晴らしいお話は心にずっと残ると思います。
引っ込み思案な子供時代を過ごしていた私は、今回役が当 たり、吉野くんに影響され、何か変われたような気がいた します。50歳を過ぎても変われるんだとおもいましたよ。 本当にありがとうございます。一生の思い出になりそうです。 心よりお礼申し上げます。 

 

最後に

お問い合わせなどは「tabi@birastart.co.jp」にいただけたらと思います。

吉野のプロフィールや略歴はこちらからご覧ください。

吉野裕斗の自己紹介!過去から志まで書きました

2018.03.14